ピロウ・トーク

コック→お台場売り子と激しく遠回りをして、現在は不良OL。
食べ物の話、ファッションの話、映画、音楽、お芝居、時事ネタなどなど、愛と毒をてんこ盛りでお届けします。

本家「ねこじた。」はこちら

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |

このページの先頭へ

『けれど、目交いたい。』の巻。

こんばんは。
遅ればせながら、『世界樹の迷宮供を始めております。
鹿、強えーよ。

はじめ、ね。
「team:鬼畜漫画家」でパーティ組んでたんだけど、これ前にもやったしね…
なーんかいまいち乗りきれなくて、構成変更。
   ソードマン:さたん
   ブシドー:いとしきりん
   ガンナー:きむらかえれ
   レンジャー:やまださん
   ダークハンター:こぶしあびる
   パラディン:ふうらかふか
   アルキメスト:さいえんすず
   メディック:こもりきり
   バード:まりあたろう
   ドクトルマグス:あらいちえ
   カースメイカー:なとりうみ
なかなか個性が生かせているのではないか、と。

ご機嫌いかが ?
pinocoです。

さてさて。
久々に読んだ本の話をします。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:30 | comments(2) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『どう見ても、変態文学です。』の巻。

こんばんは。
今ね。マック追い出されて(単に閉店時間)外出たら・・・

雪降ってんの!雪ー !!!

きゃっきゃっきゃ、ってお前は犬か。
とても道民とは思えない発言です。
だって、うれしいんだもーん。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
今さらながら、内田百里北潅罎任后
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 01:40 | comments(2) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『何に涙しても、いいじゃない。』の巻。

こんばんは。
えー。今さらな噺を一席。

天国からクリスマスカードが届く:「がらくたGallery」

やばい。これ。
会社で読むもんじゃないわ・・・

と、同時に。
自分に何かあったときのために。
「この人に伝えてください」リストは、手帳の中に入れておこうと思った。

それは暗い話でも、不吉なことでもなくて。
自己満足かもしれないけれども、大事なことなんじゃないかと思うの。

それで今年の手帳が終わって。
無事に1年過ごせたら。
感謝しよう。心から、感謝しよう。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
絡みにくい話を書きます。
今日は無理にコメントしなくて、いいからね。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:39 | comments(4) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『チャームポイントは、「とりえがない」。』の巻。

こんばんは。
前回の日記、早速TBがついてたんですけれども。

「モテる為の法則」 モテる為に必要なのは顔ではない事を証明して下さい。

・・・・・空気、読んでるなあ。
感心したので、少し残しておこうじゃないの。

そうそう。唐突に話変わるけどね。
こんなの見つけたんですよ。

「おバカ注意書き大賞今年は・・・」:がらくたGallery

仕事柄、商品表示ってまじまじと見ちゃいます。
うちもほら。
「子どもが手を切っちゃうんで、ちゃんと書いといてください!」とかお叱り受けますけど。

・・・敵わない。このレベルには敵わない。
どこまで行っても追いつくにはあと10年、ですね。
お見それしました。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
久々に、読んだ本のレビュウなんか書こうと思います。
つってもまた、森見作品なんだけど。
JUGEMテーマ:クリスマス


続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 00:08 | comments(4) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『「私のどこが好き?」。』の巻。

こんばんは。
まずはこちらの記事から。
県立高指導者のわいせつ:被告「エッチをすれば音色よくなる」
−−第2回公判 /山梨

 部活動で指導していた県立高校の女子生徒にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反(わいせつ行為)の罪に問われた韮崎市富士見ケ丘1、製造業、萩原吉人被告(33)の第2回公判が26日、甲府家裁(渡辺康裁判官)であり、検察側は「エッチをすれば音色が良くなる」と萩原被告が生徒をだまし、生徒計13人にみだらな行為をしたことを明らかにした。

 検察側の冒頭陳述によると、萩原被告は演奏技術に不安を感じた生徒に、「音が弱いからエッチしないとまずい。オレが力になってあげる」と話し、みだらな行為に及んだ。その後も「演奏に悩む生徒ならば練習と称して性交できる」と考え、「音楽家になりたいのなら、今の音じゃ駄目だ」「腹式呼吸をマスターするために体の中を変えるしかない」などと生徒が不安になるように仕向け、一度成功すると「音色を安定させるまで続けないといけない」などと話し、多いときは週2〜3回、行為を繰り返した。

 萩原被告は98年〜今年2月、同校吹奏楽部の外部指導者を務め、役員の選出など同部の運営すべてを任されていた。

 毎日新聞 2007年11月27日

もちろんこの教師も阿呆なんだけど。
最初ね。
何ゆえ13人も騙されるか、と思った。

たぶん、逆だよ。これ。

興味アリアリなお年頃。
「友達より先に」が、ステイタスです。
被告は、利用されただけだよきっと。

理由がなければ、女は「やりたい」なんて言えません。
じゃなきゃ、13という数字はない。
それは、ない。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
ぴのんのキャラからして、まったくもって想像に難くないと思うのですけれど。
伊集院光が、好きです。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『やつらには、勝てない。』の巻。

こんばんは。
ここのところ、毎日すんごい勢いで夢を見るんです。
毎晩毎晩、豪華三本立てぐらい。困る。

こないだなんかね・・・

ラーメンズの片桐くんちにいたんですよ。夢の中で。
それがね。昭和〜な感じの木造住宅なんですよ。
なぜかふたり仲良く縁側に座って。
お庭を眺めながら、お茶なんか飲んでるんですよ。
・・・と、渡り廊下から。
一休さんスタイルでつつーっと拭き掃除しながら突進してくるおっさんがいて。

片桐:「父さん、ブリーフに腹巻はやめてくれよう」

何このホームドラマ。

唐突にラーメンズとかもう、意味不明なんですよ・・・
しかもなんでまた、もじゃもじゃの方?

それまで何とも思ってなかった人なんだけど。
夢に出てくると、途端に意識して。
目覚めた瞬間に好きになっちゃってる、ってことってないですか。
ぴのんはよくあります。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

片桐くんに関しては、そんなことなかったみたいです。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
そんなことよりまた、森見登美彦さんの話してもいいですかねえ?
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:28 | comments(4) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『ストライクゾーン(でも、打てません)』の巻。

こんばんは。
好きです。こういうの。

ハエの大冒険

言うても「ハエ」ですからね、これ。
虫嫌いなのになんでまた・・・って話なんだけど。

ああ。あれだ。
リアルで遭遇したら絶叫するのに。
『みなしごハッチ』では泣けちゃうの、みたいな感覚。(だいぶ違います)

『みなしごハッチ』と『みつばちマーヤ』がごっちゃになってる人って、たまにいるよね?

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
最近、レビュウが多くてうざいですか。
別に、今さらアフェリエイトに目覚めた訳ではないのです。
だっていまだにどこから確認画面に入るのか、思い出そうとすると頭がもや〜んとする。
・・・・・憶えろよ。いい加減。

秋ですから。
ぴのんだって、本ぐらい読むのです。たまには。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:42 | comments(6) | trackbacks(2) |

このページの先頭へ

『読後に「お腹空いたー」とくれば、満腹だ。』の巻。

こんばんは。
もう冬物は、クリーニングに出してもよさそうですね。
心配性のぴのんもようやく、春コートに着替えました。

今着てるのは、袖が短めなのでなーんかないかなぁ?って探してるんだけど。
この前、男もののトレンチ(たぶん古着)に自前のベルト締めて歩いてる女の子見ちゃった。
かっこよかった。
大股で、風切って颯爽と歩いててね。
かっこよかった。

男ものってそのまま着るとずどん、としちゃってシルエットが綺麗じゃないのだけれど。
その手があったか!って思ってね。
かっこよかった。

しかし、トレンチってあれだね。
ベージュを外すと選択肢ががくん、と減る。
せっかく春なので、綺麗な色着たいです。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
決して絶賛をしないレビューをいかに感じよく書くか。
という試みを、これからやってみます。
ぴのん、好感度からもっとも離れたところが定位置ですが。
まぁ、うまく行ったらお慰みね。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 23:13 | comments(6) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『傑作の生まれるところ。』の巻。

こんばんは。
職場でよく、お菓子をもらうのですがね。
いつ何時も、にっこり笑って、その場で「バリムシャ」。
基本です。

今日のいただきものは・・・・・




ミルキーでした。

レアアイテムGET〜 !!!
もったいなくて、食べられませんて。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
たまには頭よさそうなフリしてみようと思います。
最後まで、持ちこたえられたらお慰み。
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 21:08 | comments(5) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

『喩えて言うなら、その共感は「フィーリングカップル5vs5」的。』の巻。

こんばんは。
会社で仕事中、時はお昼少し前の午前11時ですか。
窓閉めてるにも関わらず、大音響のクラクション。
パラリララリラパリラリラ〜♪
・・・まさか「ゴッドファーザー」に生でお目にかかれるとは思ってもいませんでした。

まだまだ、ミステリーゾーンは存在するようですな。
ここ、東京でも。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
帰省中のお供として、新刊本を3冊ほど連れてゆきました。
さすがに道中長いだけあって、2冊を読了。
その中に、森絵都の新作がありました。

彼女との出逢いは、たしか、これかな?
読みやすい。
でも、単に「お子ちゃま向けの話でしょ?」だけでは終わらせられない、読後に残る何かがあって。
一気にヤラれました。
あと、エピソードの使い方なんか、とても好きなんです。
これのサティとか、これの真夜中の屋根のぼりとか、ね。

さて、そんな彼女が児童文学から飛び出して、初めて大人の世界を描いたというのが、これ。↓
ドンピシャでした・・・
続きを読む >>
| pinoco | 読みもん | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ