ピロウ・トーク

コック→お台場売り子と激しく遠回りをして、現在は不良OL。
食べ物の話、ファッションの話、映画、音楽、お芝居、時事ネタなどなど、愛と毒をてんこ盛りでお届けします。

本家「ねこじた。」はこちら

<< 『ぽかぽかするの。』の巻。 | main | 『記憶の君には、勝てないよ。』の巻。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |

このページの先頭へ

『ねぐら・もぐら』の巻。

こんばんは。
秋アニメは、DTB(※音が出ます!)が気になりますな。

近くなったら、言ってください。
「ぴの、忘れてるよー?」

あんど。
1期観てた方、感想も教えてください。

ご機嫌いかが?
pinocoです。

さてさて。
夢を、みました。
家の中に、誰かいる。そんな気配が、ずっとしてる。
通報してみた。お巡りさんにも、来てもらった。
でも、ベッドの下を覗いたとき
彼はそのまま、引きずりこまれてしまって。

ついぞ、帰ってこなかった。

「この下(=ベッド)に何かいる!」
「どんなモンスター?」
「対抗手段は?」
って、みんな(その頃にはマスコミも)大騒ぎで。
対策も、考えてみたりして。

ひとりでいるときには、なかなか出てこないけど。
勇気出して、ベッドの下を覗いてみた。
こわごわ。そして、おずおず。
すると。

ずる…ずるる…

出てきた、出てきた。モンスター。
大きな大きな、もぐらだった。

もとい、妹だった。

陽の光を浴びないせいで、目がほとんど見えなくなっちゃって。
手も脚も、小さくなって。
全身も、毛むくじゃら。

もぐらと化した、妹だった。

見ると、お腹が大きくなっていた。

「勝手に居ついて、ごめんなさい」
「どうしても、この子だけは産みたくて…」

「お巡りさん食べちゃって、ごめんなさい」

そんな告白になぜか涙する、ぴの。

妹、ごめん。ほんっと、ごめん。
今月、帰国するのにー。にー。にー。

起床後、己の鬼畜脳っぷりに涙する、ぴの。

今日は、こんなところで。
ではでは。
お相手は、pinocoでした。
またね!

| pinoco | ネタもん | 18:55 | comments(2) | trackbacks(0) |

このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | 18:55 | - | - |

このページの先頭へ

シュールすぎる!!
素敵だなあ…。
アフタヌーンあたりで読み切り希望。
| 遼 | 2009/09/11 12:54 AM |
遼たん。
カラスとかね。しじみとかね。もぐらとかね。
なんでそんな夢ばっかなのか、と。

アフタヌーンいいなー。大好きだなー。
売れなくてもよいから、おどろおどろしい画でお願いしたい!

| pinoco | 2009/09/11 10:15 AM |









http://pinoco0801.jugem.cc/trackback/875